再開レッスン備忘録。


by frenchsuite

レッスン(13)

11月12日
レッスン(12)からほぼ1か月間が空いてしまいました。。月2回という設定だと、こうなってしまうのが難ですね。隔週にでも変更してもらおうかなあ。



◇ハノン14番
左手の4-5がまだまだ。もっと握り込んで弾かなければだめ、と注意を受けました。両手で弾くと「右手さん、よろしくね!」という感じで、左手が右手頼みになっているらしく、「左手でイニシアティブを取って右手を引っ張るつもりで弾いてみてください!」と言われて、弾いてみたら、あら不思議。左手がしゃんとしました!やっぱり精神力ですねぇ、、。

一応、マルをもらい15番へ進む。

◇バッハインヴェンション.....どれもこれも惨憺たる結果に、、(涙)
<4番>
・強弱不足。右手と左手別々に練習してきちんと強弱をつけ、歌うこと

<8番>
・左手と右手の「融合」が圧倒的に不足
・1の指が下りる時、2の指が「鍵盤をさわって」音が出ている、というような、「偶然・ついでに」出ている音があり。全ての音を意思を持ってきちんと出すべく再び片手練習
・8分音符の「響き」を楽しんでから16分音符のポジションに「さっと」移れるよう練習

<13番>
・ゆーっくり弾いてみてください、と言われて弾いたら、音符の長さがきちんと取れなかったりで、まったくきちんと弾けてないことが判明しました。。とほほ
・16分音符=120で片手練習に戻る

◇愛の夢
・中間部のメロディーラインのつながり、音量ともまだまだバツ、ということで、抜き出し練習。実は自分なりに指使いを変えてみてたんですが、それにもダメだしが出ました、、とほほ。「4の指」はかなり立てないと音が出ないんですよね。

■というわけで、インヴェンションは3曲とも「やり直し」。けれども、良くなっているところもあるわけで、というか、良くなっているところがあるために、良くなっていないところが目立ってきている、というのもあるらしく、指もコントロールでき始めたところで、初心に戻って片手練習すれば、また何かを掴めるでしょう、という感じ?

■まあ、、そもそも、、ヘタなのに速度を上げ過ぎなんですね、、大反省。

■レッスン途中で先生が模範で弾いてくれるインヴェンションの美しいこと!あれを見せつけられちゃー、もう中途半端には止められない!まだまだ粘る。

■まとめ

・指をもっと握り込んで弾く。指を伸ばしてペタペタ弾けるのは相当、指の力が強い人!
・指が鍵盤に触れる瞬間に音を出す、という意識を付ける。特に指の力が強い指は「叩かない」ように気をつける
・肘の柔らかさを意識して弾く

「肘の柔らかい猫になった気持ちで弾きましょう♪」ということで。。まだまだ当分、リハビリは続きそうです。まあ最低でも1年、と本人も思ってますしね。

■あと先生に、「1曲弾き終わって、私の顔をじっと見るのが、小さな子供みたいでおかしい!」と大笑いされました。小さなお子様方はみな、そういう風にするらしいですが、大人はしない模様(恥)。
[PR]
by frenchsuite | 2008-11-13 11:05 | レッスン