再開レッスン備忘録。


by frenchsuite

スタインウェイバブルも崩壊?!?

このところのユーロの暴落で、たとえばこの夏に値上げしたペトロフピアノは、既に値上げ前の価格に値下げしたそうです。9月に値上げしたベヒシュタインはどうなのかしら?



■欧州では、自動車の売れ行きがピタリと止まったそうで、高価格帯のピアノの売れ行きも今後、自動車と同じ運命を辿りそうとのこと。となると.....

■少しでも景気のよい地域で売らざるを得ず、日本向けの出荷価格も下がるのではないか、と思われます。

■もし、そうでなくても、ここ数年、ユーロ高で調整してきた値上げ分は値下げするべきですよね。コストには一切、関係ないわけですから。

■スタインウェイはこの5年で20%以上値上がりしています。次回の価格改定は来年2月。それまでに世界景気が回復するとは思えないし、ユーロが160円~170円に戻ることなどないでしょう。となると、どの程度、価格調整されるのか、見ものですね。

■既に予約している私ですが、来年の5月に入ってくるピアノを、ユーロ暴落前に設定された現行価格で売るなんてことは、特約店サイドもさすがにやらないでしょうから、2月に値下げしたらその価格で、ということになるのではないかと思います。

■けれども問題はその値下げ幅。この5年で急上昇してきた価格は崩壊して、以前の値段に戻るのではないか、などと聞くと,,,,,1日も早く欲しい!とはいえ心境は複雑。みすみす数百万円単位で高いお金は出したくないし。

■うーん、ややこしい展開になってきました。とにかく来年の価格改定を待つしかないですね。
[PR]
by frenchsuite | 2008-10-14 18:48 | 雑記