再開レッスン備忘録。


by frenchsuite

インヴェンション13番&今後の方針♪

まだ4番と8番の練習も終わってはいないのですが、片手づつ弾いてみている13番。か~なり手ごわそうです。



■そもそもインヴェンションの中で最も易しいとされているらしい1番と4番で大苦戦して、8番は今だに思うようにも楽にも弾けません、、、。

■同じことをやって、弾けない、弾けない、と言ってみても仕方ないので、13番は片手ずつ暗譜するまで両手では合わせない、ということにしようと思います。

■左右を別々に動かせる指を養成しないと、そして、なにより、左右の音を別々に聴ける耳を養成しないと、バッハは弾けないわ。。それには片手ずつ暗譜しかないでしょうと自主的に(笑)。

■先生は、「バッハは片手ずつ弾いても楽しめるくらいでないと弾けません。」と言ってましたけど、同じ意味ですよね。よし!やっぱりそうしよう!

■それに私の場合は、「手の監視」がマスト!楽譜を見て弾くと、手が勝手に、「届けばいいや。」「鍵盤を押さえればいいや。」という弾き方をしてしまうんですよね。目で見ていると、「ここからここへのつなぎは、こういう風に手を動かした方がよいな。」というのが分かる。こともある。

■13番は左手の4番と5番の不自然な運指に苦しみそうです。ハノンの練習を活かして、「握りこんで」弾かないことには弾けそうにありません。繰り返しで弾くハノンでは「開通」したはずの頭と指のつながりが、バッハだとまだまだ断続的に「不通」になるんですよね、、涙。

■しかし。どーしてこんなに手が不自由なんだ~~~~~~~~~~。おそらく13番は小学生の頃に弾いたと思うんですが、先生の鉛筆の跡などほとんどついてなくて、さらりとマル!になってるんですよね、、。あり得ません。信じられない!!!弾けたはずがない~~~

■当分、ハノンとインヴェンションだけでもいいな、とさえ思う今日、このごろ。今の手の不自由さで「曲」を弾いてみても、仕方ない気がするんですよね。。右手と左手の独立性がもっと高まって、「耳」がもっと良くなって、両手のバランスが取れるようにならないと「曲」なんか弾けるはずない、、。自信喪失、というより、自覚が高まってやる気を出してるんですけどね!

■プラス、現行ピアノが弾き難くて嫌、というのもありますが(・・)。ま、わがままぜいたく発言なんですけど。でも。しかし。愛の夢は、でさえ、かなり苦しい。ま、先生によれば「愛の夢はツェルニー」なので頑張りますけど。
[PR]
by frenchsuite | 2008-09-20 10:22 | 自主レンの記録